シー ザ スターズと私
第2章:「星」に願いを

大人たちの世界で何が起こっているのかなど構うことなく、わたしはテニスに専念した。週末はほとんどの時間をテニスコート上で過ごした。ただ、わた しが週末にシャンティに行くことをなぜ両親が禁じたのかについてはずっと謎だった。ともあれ、両親の命令に従うことは年配者を敬う中国人にとって当たり前 のことである。わたしは両親の意向に従うしかなかった。

年配者を敬う東洋人にとって、両親の命令は絶対だ

 

わたしはつねにテニスに夢中になり、マイケル・チャンやアンドレ・アガシのようなプレーヤーになりたいと思った。2人は、わたしにとってのスーパースターだった。

 

テニスコート
 
アンドレ・アガシ

 

わたしはスーパースター

 

有 名なニック・ボロテリー・テニスアカデミーがパリ近郊で夏期コーチングキャンプを開催することを聞き付けると、わたしは父親に参加させてほしいと訴えた。 参加できたのはよかったが、それによって自分の夢はいともたやすく打ち砕かれた。アンドレ・アガシを夢見てキャンプを訪れた少年たちの数は、驚くほど多 かったのだ。しかも彼らの身長は自分の2倍もあった。当時のわたしはまだ小さく、華奢な少年だった。

 

当時のわたしは、小さく華奢な少年だった…
 
2009年の凱旋門賞にて、レスボード氏と肩を組むわたし。ようやくわたしの背も大人と同じ高さになった

 

テ ニスアカデミーの夏期コーチングキャンプは、午前6時に練習が始まり、昼食の1時間を除いて、午後6時まで延々と続く。森の中を5キロ走るプログラムが含 まれ、ときには10キロを走らされることもある。わたしは500メートル走っただけで息も絶え絶えになった。わたしを励ますため、父親もこのキャンプに参 加したが、彼はたった1週間で訓練を切り上げ、ゴルフをするためにサン=ノム=ラ=ブルテッシュに行ってしまった。わたしは毎日行われる耐久力テストが終 わるころにはへとへとになり、父親に連れられて家に帰った。不思議なことに、キャンプの最後に行われた同年齢のグループによるトーナメントでは勝つことが できたが、わたしテニスに対する興味を失っていた。父親は「体力を消耗するテニスよりも、ゴルフのほうがお前に向いているんじゃないか」とアドバイスし た。

 

毎日の耐久力テストは、わたしを疲労困憊させた
父親はキャンプに1週間だけ一緒に参加した

 

父親はゴルフの話をしたかと思うと、すぐさまわたしを連れてスポーツ用品店に行き、少年用の豪華なゴルフクラブセットを買ってくれた。

 

少年用の豪華なゴルフクラブセット
 
わたしは11歳でゴルフを始めた。父親も同じ年齢から始めたのだった

 

わ たしがゴルフを始めるのは、母親にとっては迷惑なことだった。わが家には、すでにゴルフ狂いの父親がいた。そこにわたしが加わってゴルフ狂いが2人になる のは、母親にとって受け入れ難かったようだ。正確に言えば、崔家のゴルフ狂いはもう1人いた。祖父の崔薇閣だ。祖父の影響を受けて、父親も11歳からゴル フを始めて夢中になった。祖父は1992年にこの世を去っている。

 

祖父と父は世界中のゴルフ場でプレーした
 
英国の婦人は、ゴルフ狂いの夫のことをナッツという

 

わ たしがパリに移住したのは4歳のときだが、父親がゴルフに夢中であることを知ったのは、それより前の2歳のころだった。スペインの名プロゴルファー、セ ベ・バレステロスが父親にとっての英雄であり、その雄姿を見るために、父親に連れられてロイヤル香港ゴルフクラブに行ったこともある。あの日の父は、崇拝 するバレステロスのプレーに心を奪われ、息子が強い日差しにさらされていることなどまったく気付かなかった。家に戻ってから、わたしの肌がまるでロブス ターのように真っ赤に火脹れしているのを見た母親は、父親を強く非難した。

 

香港ゴルフクラブ(旧ロイヤル香港ゴルフクラブ)
 
赤ちゃんだったわたしの肌は、ロブスターのように赤く火脹れした

 

数 回の練習を経て、わたしはすっかりゴルフの魅力のとりことなった。あれほど憧れていたマイケル・チャンやアンドレ・アガシのことはすっかり忘れ、テニス への関心は失われてしまった。わたしがゴルフを始めたころ、米国では1人の天才ゴルファーが頭角を現し始めていた。往年の名ゴルファー、ジャック・ニクラ ウスをはるかに上回る才能を持つというその神童の姓はウッズと言った。

 

タイガー・ウッズ

 

その後、わたしは毎週末をサン=ノム=ラ=ブルテッシュのゴルフ場で過ごすことになった。そこは、ランコムトロフィーが開催される由緒正しいゴルフクラブで、父は中国人で唯一、いやアジア人で唯一のメンバーだった。

サン=ノム=ラ=ブルテッシュのゴルフ場で毎週末を過ごした
 
クリスティン。サン=ノム=ラ=ブルテッシュのクラブハウスにて

 




 
免責事項 | -
Follow us on Instagram  Follow us on Twitter